千葉土建 柏流山支部

千葉土建柏流山支部へのお問い合わせ電話番号の画像

お知らせ

建設アスベスト訴訟  国とメーカーに賠償責任 最高裁判決で初の統一判断

更新日:2021/05/25

建設現場でアスベスト(石綿)の含まれた建材を扱って粉じんを吸い、肺がんや中皮腫などの病気になった元労働者と遺族が国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の集団訴訟(神奈川・東京・京都・大阪)の上告審判決で、5月17日、最高裁第一小法廷はアスベストが人体に悪影響を及ぼす危険性を知りながら、建材に適切な警告表示を怠ったことは著しく不合理であり、国賠法上違法であったとし、被告である国の上告を棄却し、これにより国の責任が確定し、4つの訴訟で国への勝利が確定することとなりました。

また、建材メーカーに対しても、一定の責任を認めました。

建設アスベスト訴訟で最高裁が判決を出すのは初めてです。

この判決を受け、17日に田村厚生労働大臣が閣議のあと記者団に対し謝罪し、翌18日には菅総理大臣が原告団や弁護団らとおよそ30分間面会し謝罪の言葉を述べました。

今後は全ての建設アスベスト訴訟を早期に解決するとともに、一刻も早く建設アスベスト被害者補償基金を創設が待たれるところです。